店長さんの日報

おばあちゃんの味 その2

気持ちのいいゴールデンウィークですね。
思えば去年の今頃…
ベルミスタッフはハワイの風に吹かれておりました。
フラリと観た映画 『ホノカアボーイ』 の世界にはまってしまい、
勢いでロケ地のハワイ島まで遠征した、強行慰安旅行でした。
そんな思い出をたどりつつ、本日の一品。
レストラン 銀ダラの煮つけ レストラン
 
2010_0503gindara02.jpg

映画のキーパーソンとして、倍賞千恵子さん演じる「ビーさん」という
おばあちゃんが出てくるのですが、たしか元ホテルの料理人という設定で、
出てくるゴハンが本当にどれもこれも美味しそうなんですよね。
で、中でも印象に残るのが、「猫のエサ」と称されて出てくる煮魚。
エサは照れ隠しの表現で、実はビーさん自身の食事だったりします。
亡くなったうちのおばあちゃんも、煮魚が得意だったなぁ…としみじみ。
カレイとか、キンキとか、いろいろな魚で作ってくれましたが、
食べやすさと、脂ののり具合から、私的ベストは銀ダラです。
(ちなみに、ホノカアに出てくる煮つけは銀ダラ&鯛。)
映画パンフの解説文をお借りすると、
「くたびれた時でも食べられる、消化のいい料理。
 なんでもないようでいて、じつはいちばん大事な料理かもしれません。」
なるほど、この料理は、店長が遅くに疲れて帰ってきた時も
うれしそうに食べてくれるメニューです。
たれを混ぜれば、あとはコトコト煮るだけなので、作る人の負担も
それほど大きくありません。和食のチカラは偉大だ。
というわけで、今回はふたりのおばあちゃんにまつわる味でした。
———-
ひらめき つくりかた ひらめき

2010_0503gindara01.jpg

【材料】2人分
◆銀ダラ:切り身で3枚 (←やはり大食い)
◆しょうが:ピンポン玉1コ分ぐらい
◆たれ:以下をまぜておく
 ・だし汁:おたま3杯(味噌汁のついでに多めに作ればOKです)
 ・酒:おたま2杯
 ・醤油:おたま0.8杯
 ・みりん:おたま0.5杯
 ・砂糖:おたま0.5杯
 ※わたくしバイトは軽量カップ作業をサボるべく、
  たいてい「おたま」を基準に配合します。
 ※ベルミスタッフの好みで味は気持ち薄めです。
  醤油の量など、お好みで加減してください。
 ※たれは初め変な味ですが、大丈夫、
  煮詰めていくとちゃんとおいしくなります。
【手順】
(1)しょうがはよく洗い、皮付きのまま厚めにスライスします。
  たれを混ぜ、上記のしょうがを加えて鍋で煮立たせます。
(2)煮立ったたれに魚を入れ、中火にして煮ます。
  もしアクが出たら、丁寧にすくって捨てましょう。
(3)魚に火が通ったら、弱火に落としてもう少し煮ます。
  魚の身を崩さないように気をつけながら、
  ときどき煮汁をかけたりしつつ味をしみこませます。
  たれが煮詰まって半分ぐらいの量になったら完成です。
【ワンポイント】
『ホノカアボーイ』 の料理を監修した高山なおみさんによると
煮つけのコツは、魚の量に対してたれを多めに作ること。
たっぷりのたれで「煮ふくめる」ようにすると、
なるほど煮崩れずふっくらできあがります。お試しを!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。