コラム

ハンドベルでパプリカ、youtubeに登場!

こんにちは、ベルミントです。
ハロウィンが終わった瞬間、町がクリスマスの雰囲気になり・・・ハンドベルの季節が到来!

さて、最近ご注文やお問い合わせをいただくことが多い
ハンドベル楽譜「パプリカ」についてレポートします。

ご存知、米津玄師さん作、Foorinが歌うパプリカですが、
原曲のキー(音程)はサビ部分が変ト長調 G♭です。
ピアノで弾くなら猫ふんじゃったみたいに全部黒鍵で、
楽譜にすると♭が6つもあり、譜読みがとっても難しい音程なんです。
ドにまで♭がついていてシを鳴らすだなんて、なんてトリッキーなんでしょう?!
私は密かに米津さんのことを米津ショパンさんと詠んでいます。

そこで最初は、かんたんアレンジのパプリカのハンドベル楽譜を作りました。♯♭が少なくて譜読みがかんたん、初心者にやさしいバージョンです。

ところが幼稚園ママさん達とお話していたら、
子供達がパプリカダンスをして、
母達がハンドベルを鳴らしたいのよね〜♪
とのご意見が多く・・・
あぁ、目に浮かぶその光景。確かにその親子コラボ、ステキすぎます!
お祭り、クリスマス会、謝恩会・・・叶えてあげたい、私も見たい!!

そんなわけで、原曲キーバージョンのパプリカハンドベル楽譜も追加でお作りしました。
案の定譜読みは難しいし、正直ハンドベルで演奏するには音程が少し低めなんです。
でも、原曲の雰囲気を大切にしたい、パプリカダンスと合奏したい!
というチームにはおすすめのバージョンとなりました。

ありがたいことに保育園、幼稚園、小学校の先生からのご注文を多くいただいています。
謝恩会余興をお考えの保護者チームのみなさん、是非トライしてみてくださいね。

楽譜の雰囲気、音の高さなどイメージしていただくために、
youtube動画なんぞを作ってみました。
是非、2タイプの違いを、見比べ・聴き比べていただけますと幸いです♪

ベルミント店長

かんたんアレンジ key in C → A
原曲と同じ音程 key in A → G♭

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。