お客様からのおたより・お写真

ハンドベル演奏写真(山梨県 Y.M様より)

高校の同級生の結婚式の余興で、
Mr.Childrenの「抱きしめたい」
ハンドベルで演奏しました。
高校卒業から10年が経ち、
みんなで何かするのも10年ぶり!
新婦に喜んでもらいたくて、
私たちの青春を彩ったミスチルの曲を選びました。
本番2週間前にレンタルし、
みっちり練習するつもりでしたが・・・
住んでいる場所も、職業もバラバラの私たち・・・
練習日程の都合が全く合わず、
6人全員が揃って練習できたのは、
本番一週間前の一度だけでした。
その時はみんな練習不足で、
自分がどこでベルをならすのかも分からない有様・・・
響き渡る不協和音、ガタゴトとベルを持ち替え音・・・
演奏を録音して聞いてみても、
それはなんの曲だかさっぱり分からない代物でした。
そこからの一週間は、集まれる人は集まって、
集まれない人はひたすら自主練。
通勤中のウォークマンでもお手本の演奏を聞いてイメトレ。
楽譜を色分けして、同じ色のペンを並べて
歌いながら一人で練習。
6人がそれぞれにがんばりました。
・・・そして迎えた当日。
会場の方の御厚意で、
披露宴が始まる前にリハーサルをさせてもらいました。
・・・すると、自主練の成果か、
あれほどバラバラだったメロディーが
きちんと「抱きしめたい」になっていました。
繊細なハンドベルの音が会場に響き、
正直、私はこのときが一番感動して涙が出そうになりました(笑)
・・・そして本番。
縦長の会場で、高砂と反対の壁側に設けられた
私たちの舞台。
ざわつく会場で、ベルの音はほとんど
かき消されてしまいました。
「あんなに練習したのに、
新郎新婦に聞いてもらえないなんて!」と
半ばヤケクソで演奏していると、
席を立って、こちらに歩いてくる新婦の姿が見えました。
舞台の前に用意されたアリーナ席に、
私たちの渾身の(?)演奏はなんとか届いたようです。
今回はみんな初めてのハンドベル演奏で、
余興でハンドベルをすることに決まったものの、
どうやって曲を選んで良いのか、
譜割りは自分で出来るのか、分からないことだらけでした。
ネットでベルミントさんを見つけて、
曲目も豊富、譜割りも自分でしなくてもいい
ということで、即オーダーいたしました。
問い合わせに対しても大変丁寧にお答え頂き
感謝しております。
今回は少し、ハードルを上げすぎてしまって
大変な思いをしましたので、
また余興をすることがあれば、
もう少し簡単な曲からはじめてみようと思います。
この度は本当にありがとうございます。
また余興でハンドベルをすることがあれば
そのときはまたよろしくお願いします。


0911mymt.jpg


メンバーが離れていても合奏できるのが
ハンドベルのいいところ!個人練習あるのみ!
初めてのハンドベルで上級のミスチルに挑戦され、
演奏の成功おめでとうございます!
リンガーの息がぴったりあうと感動しますよね。
お役に立ててよかったです。
ありがとうございました☆ベルミント店長

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。