コラム

ハンドベル人数と練習時間

ハンドベルに最適な人数と練習時間は?

こんにちは、ベルミント店長です。

夏のお祭りや秋の文化祭などのイベントが近づいてきたからでしょうか、
「ハンドベルで出し物をやってみたいけど、どれくらいでできますか?」
というご相談をいただきます。

どれくらいって、
工数 ?
気合い量? (笑)

わかりやすいように、数字入りでお答えすると、

人数 : 簡単な楽譜が読める方が5名
練習時間 : 2〜3時間

です!

まず人数について。
4名でもできますが、5名(手を10本)集めたいです!

ハンドベルのセットは23音セットが主流。
古いものは20音、21音、新しいものは27音セットも出てきましたので、
そのうち演奏時の使用音は20音くらいです。

5名で演奏すればひとりあたり4音。
メインの2音、時々残りの2音のイメージです。
テーブルにベルを4本並べて、両手で持ち変えればなんとかこなせる本数です。

もし4名でひとりにつき5音だと、
あぁ、もう少し手が欲しい〜 と思ってしまいます。

6名ならなおベター。7・8人で楽勝です。
しかし9人以上となると、逆に人によって出番の差が多くなり、
ぼーと立っている人も出てきてしまいます。

長いテーブル2本に並べる人数だと見た目のバランスも良いので、
私のオススメは5〜6名です。

次に練習時間については、とにかく全員が揃うことが重要!
鳴らない音があると、何音か抜け落ちたピアノの鍵盤で演奏するような感じになります。
事前に楽譜の自分の出番に色を付けてイメトレしておいて、
さっと全員集合して練習すると2-3時間で仕上がりますよ。
音痴でも大丈夫。
大切なのはリズム感。
太鼓の達人みたいに、拍子を取りながら、自分の出番でベルを鳴らしましょう!

Enjoy!

初心者向けハンドベルレンタルとかんたん楽譜はベルミントにお任せ下さい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。