ハンドベル演奏写真レポート

ハンドベル演奏写真(静岡県Y.W様より)

親戚の結婚式でハンドベルの演奏をしようということで
今回ベルミントさんからお借りしました(^-^)
約2週間 毎日毎日 実家に足を運び練習をしました。
子供たちも 勉強があるのに時間を作って
一生懸命がんばりました(^-^)v
最初 練習の時点でつまづいたのが
大人である私たちでした。
子供のほうが覚えがよく 何回かやっていくうちに
完璧に演奏が出来るようになってました。
でも 大人たちがミスをするので、
どこかしら間違ってしまうことが多々ありました。
いよいよハンドベルの演奏をする日がやってきました。
私たちが演奏する曲は 嵐の『One Love』です。
子供たちが 新郎新婦にお祝いの言葉を言って
いざ演奏です!!!

『♪せーの』
『♪タ~ン タ・タ・タ・タ・タ・タ・タ  カーングッド(上向き矢印)
あちゃ~あせあせ(飛び散る汗)やってしまいましたがく〜(落胆した顔)・・・。
なんと 初っ端から失敗をしてしまいました・・・。
おちびちゃんが 左右違うバンドベルを持ってしまい『カーングッド(上向き矢印)』という音が・・・。
会場から笑いがドッと起きましたが
それで一気に緊張の糸が切れたというか
肩の力が抜けたみたいです
(逆に私は変な汗たらーっ(汗)がでましたが・・・。)
気を取り直して最初から演奏をし直しました。
途中『あれ』っと思う箇所がありましたが
それをカバーしてくれたのが中学1年生の2人です。
この子達はノーミスで演奏をしてくれました。
おちびちゃんも 今度はつまづく事なく演奏をしてくれました。
いい雰囲気の中 最後まで演奏をすることが出来ました。
シーンとなった会場から あたたかい拍手をたくさん頂きました手(パー)手(パー)手(パー)
失敗をしてしまったけど
新郎新婦には十分伝わったと思います。
親子での演奏でしたが 親子だからこそ一
致団結して出来たと思います。
そして いい経験をさせて頂きました。
親子の絆も深まった・・・かな
ハンドベル とってもよかったでするんるん
機会があれば またやりたいでするんるん
ベルミントさん 本当にありがとうございましたるんるん

201012wrsn.jpg


お子さんと演奏されているということで、
事前に何度もご相談いただきましたが、
親子演奏が実現できてよかったです!
是非また挑戦してくださいね!☆ベルミント店長

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。